読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱちんこ776

元業界人からみた遊技機とか業界の感想を書いていきます

アマデジでチャレンジ

アマデジ。
1/100より甘い台を総じて括っているが、甘くない機械も多い。

一番甘いのは使い方も含めて海シリーズでしょう。
ただそれだけではなく、アマデジコーナーには各メーカーのチャレンジが含まれることが多い。

特2優先変動を初めて搭載したGメン75
バトルタイプは歌舞伎ソードだったかな?
60秒以内に当てろというタイムアタックはルパンシリーズの不二子でした。
他にも細かい所だと海猿のアマデジだけパカパカアタリだけになっていてタイムアタックで出玉を獲得するタイプでした。
これは玉をほぼ拾ってしまうレスキューアタッカーでストレスなく無駄玉を打たせる画期的な方法でした。

というように、メーカーはアマデジでチャレンジしてきます。
何故でしょうか?

まず、アマデジは本命機より後で申請します。
なので開発中の機械に搭載したい機能を試す事に最適なのです。
他の部分は適合しているので機能のみの判断が可能なのと試験が早く終ります。

だから、この先どのような機能を試そうとしているかわかることがあります。

あとは、経営陣のマークがキツくないので開発者の好き勝手出来る点もあると思います。

本当にぱちんこを楽しみたいならアマデジはお薦めです。