読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱちんこ776

元業界人からみた遊技機とか業界の感想を書いていきます

ぱちんこソムリエとかやったらいいのに

インターネットが普及し、ある一定レベルの情報が共有化され、情報が溢れかえったことにより、対応は二極化した。
情報を積極的に取りに行き、正否の判断をして情報を取捨選択する人達と
考えることをやめ、誰かを信用し、その人が発信する情報を信じる人達とに分かれた。
そうして重宝されるようになったものが、○○ソムリエなる専門家。
日常生活ではそこまでの知識は必要ないが、いざその事を実施することになったときにアドバイザー的に説明してくる。

本来のワインのソムリエは勿論専門家だが、利用する側もある程度の知識を持っており、ソムリエの能力を判断してから従うかどうかを判断している。

問題ははじめの判断をせずに盲信してしまう人達が多く存在するようになったこと。

でも企業側からすればこれはかなりのチャンス。
専門家として地位を確立してしまえば信者が簡単にゲットできるから。
前に触れた某漫画家なんかはまさしくこのパターン。
みんな知らないことをいいことに単なる1事象を法則のように伝搬し、たまたま同じ体験をした人たちや、全く知識がない人が盲信している。

ここがプロレスではなく、詐欺まがいと判断されてしまうところだろう。

話を戻すが、このように簡単に信じてもらえるなら、業界のために、各ホールにぱちんこソムリエを置いたら良い。
変な情報に惑わされないように、正確な情報を伝え、安心感を与えるべき。

理想を言えば、
お客が予算はこれくらい、これくらいの時間遊べて、できればこれくらい勝つ可能性があるものを打ちたい
と伝えると
それなら、こういう台はどうでしょうと伝える。
若しくはそういうシステムや、アプリを作って配信するかですね。

まあ、お客にサービスを提供するということはということは
お辞儀を90度にすることじゃなくて
こういうことなんだけどな。